携帯電話を携帯買取に出す前の注意点

近年では、使用しているスマートフォンなどの携帯電話を買い替える際に、携帯買取を利用する人が増えてきています。携帯電話は機種によっては、思っていたよりも高額な値段で買い取ってもらえることも多く、新しい携帯電話を購入する際の費用にあてることもできるでしょう。どうせ携帯買取を利用するのであれば、よりよい状態にして持ち込むことで、買取価格がアップする可能性も大いに考えられます。また買取業者も注意して選ばなければ、違法な業者に買取を依頼してしまい、トラブルに発展する可能性もあります。事前に違法な業者ではないか十分に注意しましょう。その他にも携帯買取を利用する場合には、様々な注意点が存在します。事前に注意点を把握し、安心して利用できるようにしましょう。

データの初期化は絶対に必要です

スマートフォンなどの携帯電話は個人情報の宝庫とも言えるでしょう。そのため買取を利用する場合には、あらかじめデータの初期化をしておくことは必須となります。電話帳やダウンロードしたアプリなどのデータは買取店でも削除されているかどうか確認してもらえるでしょう。しかし所有者が自分で初期化しておくことが最も安心です。機種によっては初期化だけで完全に消去ができないものもあります。このような場合には、データを暗号化したうえで初期化を行わなければなりません。操作は端末ごとに異なるので、よく確認してから行うようにしましょう。機種にもよりますが、暗号化には1時間以上の時間を要する場合もあります。買取店に持って行く際に慌てて暗号化や初期化を行おうとしても、なかなか終わらない可能性もあるので、時間に余裕を持って行うようにしましょう。

買取店を利用する際のその他のこまかな注意点とは

トラブルを避けるためにも、買取店の利用は本人のみに限定されています。家族であっても、本人の承諾があったとしても認めてもらうことはできないので、必ず本人が店舗に出向くようにしましょう。また運転免許証や保険証などの本人確認書類も必要になります。提示がなければ利用できないので、忘れることのないよう気をつけましょう。そして端末代金の支払いが終わっているかも確認する必要があります。月々の通話料金から端末代金を引き落としとして契約していた場合には、端末の代金の支払いが終わっていない可能性もあります。各キャリアのマイページなどで確認することができるので、自分で前もって確認するようにしましょう。また少しでも高く売るためにも、ボタンの部分や充電端子を含めた端末全体の掃除をしたり、付属のパーツはまとめて持っていくようにしましょう。